2 8月

格安航空券の韓国航空券を販売しているLCCにはどんなところがあるの?

格安で韓国行きのを販売しているLCCは数多くありますが、中でも人気の航空会社は「チェジュ航空」「ピーチ」「イースタン航空」「エアプサン」「バニラエア」などが有名ですね。韓国のソウルなど主要都市へ行く便は人気です。日本の各地から直接いけます。

所要時間も短めで、国内を移動するのとほぼ変わらない1時間半~2時間半ほどとなっています。
時差もなく行きやすい為に、気軽に行ける海外として、日本人に人気ですよね。もちろん、従来の航空会社の直行便と、LCCとでこの所要時間は大きく変わりませんから、安いからといって到着までの道のりが長かったり面倒だったりすることはありません。
今回はそれぞれのLCCについて、特徴的なことをいくつかご紹介しましょう。

まず「チェジュ航空」ですが、韓国の済州島を拠点とするLCCで、日本に最も多く乗りいれているLCCでもあります。
従来の大手航空会社の金額と比べ、3割ほどは安く乗れる上、機内でちょっとしたイベントとして「じゃんけん大会」などが催され、楽しめる航空会社として評価も受けています。次に「ピーチ」ですが、特徴としては「スペースシートオプション」というオプションプランがあり、予約時予約席の両隣が空席であればオプション料金で両隣も確保できるプランがある点です。

韓国旅行ではたくさんショッピングなどをして疲れてしまうことも多いので、広々とした座席を確保できるのはメリットですよね。「イースタン航空」も格安の韓国航空券を販売するLCCとして有名ですね。「イースタン航空」は機内食のserviceがないのですが、飲み物は無料で提供してもらえます。

短時間のフライトですから、飲み物があるだけでも十分と感じる人が多いようですね。
しかも、機内販売が充実しているのですが、ウォンで購入すると比較的お得なことが多いと口コミなどで評判ですから、韓国からの帰途で、あまったウォンで買い物を楽しむのも良いですね。

「エアプサン」はアシアナ航空が出資するLCCで、LCCでありながら軽食やドリンクが無料提供されたり、機内食の水準が高く、人気を集めています。「バニラエア」の飛行機激安チケットは日本のANA傘下のLCCであり、韓国と日本間も就航しています。変動型の運賃制度を導入していて、土日は高く平日などの空いた時間は安く設定されています。場合によっては大手の80%割引にも相当する金額となるので、これは大変お得ですね。