2 8月

格安航空券の韓国航空券を販売しているLCCにはどんなところがあるの?

格安で韓国行きのを販売しているLCCは数多くありますが、中でも人気の航空会社は「チェジュ航空」「ピーチ」「イースタン航空」「エアプサン」「バニラエア」などが有名ですね。韓国のソウルなど主要都市へ行く便は人気です。日本の各地から直接いけます。

所要時間も短めで、国内を移動するのとほぼ変わらない1時間半~2時間半ほどとなっています。
時差もなく行きやすい為に、気軽に行ける海外として、日本人に人気ですよね。もちろん、従来の航空会社の直行便と、LCCとでこの所要時間は大きく変わりませんから、安いからといって到着までの道のりが長かったり面倒だったりすることはありません。
今回はそれぞれのLCCについて、特徴的なことをいくつかご紹介しましょう。

まず「チェジュ航空」ですが、韓国の済州島を拠点とするLCCで、日本に最も多く乗りいれているLCCでもあります。
従来の大手航空会社の金額と比べ、3割ほどは安く乗れる上、機内でちょっとしたイベントとして「じゃんけん大会」などが催され、楽しめる航空会社として評価も受けています。次に「ピーチ」ですが、特徴としては「スペースシートオプション」というオプションプランがあり、予約時予約席の両隣が空席であればオプション料金で両隣も確保できるプランがある点です。

韓国旅行ではたくさんショッピングなどをして疲れてしまうことも多いので、広々とした座席を確保できるのはメリットですよね。「イースタン航空」も格安の韓国航空券を販売するLCCとして有名ですね。「イースタン航空」は機内食のserviceがないのですが、飲み物は無料で提供してもらえます。

短時間のフライトですから、飲み物があるだけでも十分と感じる人が多いようですね。
しかも、機内販売が充実しているのですが、ウォンで購入すると比較的お得なことが多いと口コミなどで評判ですから、韓国からの帰途で、あまったウォンで買い物を楽しむのも良いですね。

「エアプサン」はアシアナ航空が出資するLCCで、LCCでありながら軽食やドリンクが無料提供されたり、機内食の水準が高く、人気を集めています。「バニラエア」の飛行機激安チケットは日本のANA傘下のLCCであり、韓国と日本間も就航しています。変動型の運賃制度を導入していて、土日は高く平日などの空いた時間は安く設定されています。場合によっては大手の80%割引にも相当する金額となるので、これは大変お得ですね。

2 8月

韓国航空券の格安航空券はLCCだけじゃないの?

韓国と日本を結ぶ飛行機は、LCCだけが出しているわけではありません。従来の航空会社も、もちろん就航しています。
金額的にはLCCよりも高くなる傾向がありますが、その分様々なサービスが充実していることがメリットです。

さらに、時期によってはLCCなみの格安航空券を販売していることもあるので、サービスが充実している分お得感があります。
そこで今回は、いくつか韓国と日本を結んでいるLCCではない航空会社を取り上げてみましょう。

まず、有名どころで日本の航空会社「JAL」ですね。日本航空の韓国線は日本を離れる際の最後の和食となる「空弁」や、最新の機内エンターテインメントがそろい、短時間ではあるものの1時間半~2時間半あるフライトも、暇することなく過ごせます。

さらに、日本人には安心の日本人CAさんがいるので、日本語でも対応してもらえるのが海外航空会社と比べての安心感ですね。さらに、機内で万が一のことがあった場合ににも、機内にはある程度の薬などが揃えられています。万が一具合が悪くなったりした場合でも、ある程度の応急処置を受けられるのは、安心ですね。

さらに、受託荷物も23キロまで無料なので、韓国で大量にショッピングしても、ある程度までは安心です。

次に、今度は韓国を拠点としている「大韓航空」についてご紹介しましょう。ビジネスマンの利用客が多く、エコノミークラスでも比較的ゆったりとしたスペースが確保されているので、リラックスして移動できます。さらに、韓国と日本を結ぶ便では、多くの人が日本語を勉強していて、日本語対応が可能な点も嬉しいですね。

機内の弁当も賞を取るほどおいしいと評判です。この大韓航空を選んでおくと、便数がLCCなどと比べ多いので、振替便などが見つかりやすいというメリットもあります。

最後に、韓国と日本を結んでいるLCCではない航空会社にアシアナ航空があります。
3年連続エアラインオブザイヤーを受賞した航空会社であり、サービスが充実している一方で、リーズナブルな料金設定が人気の理由です。
LCC「エアプサン」と提携している為、「アシアナ航空」の便で良いものがなければ「エアプサン」の便とのセット購入もできる便利な運賃が魅力です。機内サービスなどもある程度充実していて、国際線では人気の便です。

受託荷物の制限がJALや大韓航空と比べ3キロほど低く設定されているので、ショッピングを多めにする方には少し不向きですが、ビジネスマンなどで荷物が増える予定のない人には十分の荷物量でしょう。

2 8月

チェジュ航空について詳しく解説!

西日本での便数も多く、大阪ではソウル間が毎日2便就航している、「チェジュ航空」は、便利な時間帯に本数が多いということでも有名なLCC航空会社です。
その為、大阪などの地域からソウルへ向かう人で、「チェジュ航空」を利用したことがないという人はほとんどいないでしょう。

LCC航空会社である「チェジュ航空」ですが、特徴は大きく分けて2点あります。

まず大きな特徴の1つとして、独自のユニークなサービスを提供してくれる点です。通常、機内で受けられるサービスと言えば、テレビが見れたり、機内でジュースが飲めたり、弁当などが提供されて食べられたりということを思い浮かべます。

しかし、「チェジュ航空」は、これらの便利で快適なフライトを目指したサービスというよりも、「楽しさ」を重視したようなサービスが多く提供されます。例えば、バルーンアートやシールをプレゼントされるなど、子供たちがエンターテインメントとして喜べる内容のイベントを機内で提供してくれる場合があります。さらに、「スペシャルなフォト撮影」として写真撮影をしてくれて、まさにフライト自体が観光している1つのように、楽しめる旅を提供してくれます。

キャビンアテンダントというと、ジュースや食べ物、機内販売を持ちまわるというイメージはありますが、この「チェジュ航空」では、出発前に様々な遊べるアイテムを配って周り、フライト時間で暇にならないお手伝いをしてくれます。

このような大手ではあまり見られないような気配りがある航空会社なのですね。キャビンアテンダントにコスプレをしてもらって、文字通りスペシャルな写真撮影をすることもできるので、口コミでも男性客のハートをわしづかみしていることがわかります。その他の機内サービスについては特に充実はしていません。

座席も少し狭めで、体格の大きい方には少し窮屈に感じる席もあるでしょう。ただ、受託荷物が15キロまでと制限が低めなので、大手の航空会社の受託荷物の平均と比べるとおよそ5キロほどは軽くしておかなければ追加料金がかかってしまいます。

一方で、2点目の「チェジュ航空」の特徴ですが、機内販売がLCCにしては充実しているという評判があります。
韓国で買い忘れたお土産などは、機内で気軽に注文でき、それは受託荷物のキロ数には入らないので、帰りがけに購入を検討するなど、賢く利用しましょう。
また、機内の冷房が効きすぎることがある上、ひざかけなどの提供はないので、少し服を着て搭乗し、受託荷物の削減をするのがオススメです。

2 8月

韓国航空券の格安航空券を販売しているイースター航空の特徴は?

イースター航空は韓国の「群山(グンサン)」という地域を拠点とする格安のLCCです。2007年設立と比較的新しいLCCであり、2009年の1月に韓国にて国内線を就航しています。その2年後である2011年には札幌や成田の便を就航して、2012年には関西に就航しています。

このような経緯を持つイースター航空ですが「新しいから不安」「小さい会社?」などと不安に思われることはありません。というのも、提携しているのが中国の大手航空会社「春秋航空」です。提携しているところも大きいので、航空会社にて万が一のことが起きる心配はかなり低いです。

キャッチフレーズは「驚きの価格」「特別な思い出をプレゼントする」という航空会社です。LCCとして格安の料金を実現しながら、フライトが思い出となるべく一丸となって対応するというサービス精神が溢れ出ていますね。

ちなみにイースター航空では機内食の提供はなく、ドリンクのみが提供されます。さらに料金面ですが、大手の従来線と比べ3割ほどは安くなっている上、往復で購入することでさらに割引を受けられます。さらに、LCCではオプションとして有料となりがちな「座席指定」や「預け手荷物」が無料というのはうれしいですね。

その他、手数料や諸費用などの金額表示もホームページでわかりやすく表示されているので、ネット購入も手軽で便利です。さらに、実際に乗る際に古めかしい機材だと心配になりますが、機材も比較的新しく、清潔感もあるので安心して搭乗できます。

水とオレンジジュースが無料で選べて提供してもらえ、座席は比較的ゆったりと感じた人も多いようです。また、機内の装飾で壁紙の装飾が女性好みで、かわいいのでリラックスできるという口コミも見られますね。

肝心な料金についてですが、直前になっても空席が多い場合などはかなり安価になっていることも多いので、仕事の都合で急に休みがわかるような人で、かつ格安運賃のフライトを申し込める場合は、とてもオススメです。

ただし、イースター航空は全ての変更・払い戻しなどが不可能となっています。
予約・申し込みの際は、予定をきっちり決め、「絶対に利用する」と決めてから申し込むようにしましょう。

Easter航空のもう1つの特徴ですが、機内販売がLCCにしては充実しているので、機内でお酒を飲んだり、お土産を買うこともできますが、価格がウォンのほうが割安である点です。できれば日本国内でもウォンに変えていくらかお金を持っておき、ウォンで購入するようにするとよりお得に機内販売のサービスを受けられます。

2 8月

韓国航空券の格安航空券を販売しいているエアプサン航空はどうなの?

エアプサンはその名の通り、韓国の「釜山(プサン)」を拠点としているLCC格安航空会社です。しかも、バックではアシアナ航空が100%出資して子会社として運営しているので、これはいざとなると「倒産」という危険が伴うLCCの中では安定した運営ができる理由となっています。

2008年設立という比較的新しいLCCではありますが、機内でのサービスがアシアナ航空のノウハウなどもあるので、LCCとは思えない充実ぶりが評判です。
特に、関空から釜山を結ぶ路線は、短時間でありながら軽食とコーヒーなどの飲み物が出されるので、朝食が食べられなかった人なども安心して機内で食事を楽しめます。このような内容の充実と好評ぶりから、2011年には韓国サービス品質優秀企業認証マークを獲得していて、政府からの表彰も受ける優良企業です。

受託荷物も20キロまで無料と、大手の航空会社とほぼ同じキロ数まで乗せられるので、韓国にショッピングに行く人や、実際に仕入れを目的としているビジネスマンにもサンプル持ち帰りの為に使用するのに便利だとされています。また、機内のキャビンアテンダントにも日本語対応できるように教育されているので、日本人でも安心して利用できます。さらに、LCCではあまりないサービスなのですが、新聞の提供サービスがあることに驚く客も多いようですね。

格安で乗っているので新聞などのサービスはないと思っている人が多い中、新聞提供があるのはうれしいサービスですね。韓国へ行く地域がソウルなのか釜山なのかの問題もあるかもしれませんが、特に釜山に行きたい人には「エアプサン」はとても有力なLCC候補となるでしょう。

実際、釜山へ旅行する場合に韓国客も良く利用するリムジンバスがありますが、飛行機チケットを見せるとある程度の割引を受けられます。格安の飛行機代で釜山を旅行した上、現地での交通機関でも割引が受けられれば、予算が少なめの方の韓国旅行にもオススメできるLCCでしょう。

そんな「エアプサン」ですが、LCCにしては珍しく往復運賃が基本であり、現地での滞在期間の長さによって運賃が変動します。
つまり、現地での滞在期間が短いほど安い運賃となるわけですね。14日間までのプランが一番安く、6ヶ月や1年などの長期間になると高くなります。

その他にも、キャンペーンで格安になるシーズンや便があることもあるので、なるべく安く行きたい人はこまめにネット上の予約サイトをチェックする必要がありますね。